HOME>構造・セキュリティ>セキュリティ

セキュリティ|Security

万一の際に安心を。日常生活に快適を。

都心で暮らす日常を自由に謳歌していただくために、きめ細かいセキュリティ計画のもと先進の設備を数多く採用。
また、日常生活を快適に過ごせるコンシェルジュサービスもあります。

24時間・365日、住む方を見守る共用部セキュリティ。

トリプルセキュリティシステム

Brillia Tower池袋では、
「1F・メインエントランス、1F・自転車用エレベーター、
B2F・エントランス、B2F・コーチエントランス」、
「11F・シャトルエレベーターホール」、「各住戸の玄関」と
3回のセキュリティチェックを設け、安心を幾重にも重ねた
トリプルセキュリティシステムが採用されています。

※ プレミアム住戸は、クアトロセキュリティとなります。

セキュリティシステム概要イメージ

ALSOKによる、24時間365日の緊急対応。

防災センター、ALSOKガードセンターが連携する24時間365日の
オンラインセキュリティシステムを採用。
住戸内の防犯センサー、火災感知器、スプリンクラー、
非常通報ボタンなどが作動した際やエレベーターなどで異常が
起きた際に、管理事務室とALSOKに自動通報されます。
また防災センター兼管理事務所には24時間体制でスタッフが常駐。
警備員による共用部の巡回も行われています。

管理体制概要図

※ 管理マネージャーおよびコンシェルジュについては、住宅管理組合からの管理委託となり、防災センター員については、全体管理組合からの
  管理委託になります。

ハンズフリーキー

バッグやポケットに入れておけば、リーダーに近づくだけでオートロックの開錠や
エレベーターの認証が行える「ハンズフリーキー」を採用※1
キーを取り出す必要がなく、両手に荷物をお持ちの場合など、大変便利です。

※1 電波を通しにくい素材では、反応しない場合があります。

ハンズフリー概念図

プライベート空間には一層のセキュリティ装備を。

  • 基準階・共用廊下 エグゼクティブ

    内廊下

    住戸フロアは、ホテルライクな雰囲気の内廊下設計を採用。
    廊下側に開口部がないため、プライバシーやセキュリティにも優れています。

  • イメージ画像

    ダブルロック

    ドアハンドルの上下に鍵穴を設け、防犯性を高めたダブルロックが採用されています。

  • イメージ画像

    サムターン回し
    防止構造

    サムターンを室外から回す方法による、不正開錠を防止する構造となっています。

  • イメージ画像

    カメラ付
    玄関インターホン

    玄関にもカメラ付のインターホンを設置。
    玄関前でも訪問者の確認が可能です。

  • イメージ画像

    PRシリンダー錠

    ピッキングなどの不正開錠を強固に防ぎ、複製も困難なディンプルシリンダーキーが採用されています。

  • イメージ画像

    防犯センサー

    玄関に防犯センサーを設置。
    万一異常を感知した際には、警備会社に自動通報されます。

  • イメージ画像

    録音・録画機能付
    インターホン

    すべての住戸内に、風除室の訪問者を映像でチェック&録音・録画もできるカラーTVモニター付インターホンを設置。