TOP>コンセプト>複合再開発

複合再開発|Redevelopment

区本庁舎一体型の街づくりで暮らしやすさと利便性を。

地上49階建て・全432邸の複合大規模タワーレジデンス。

本プロジェクトは豊島区新庁舎をはじめ商業施設、事務所そして住宅が一体となった立体都市。なかでも住宅ゾーンは11階以上となっていますので、都心を望む景色と開放感があります。また、1階・2階には商業施設が配されるなど、多様な施設が一体となることで、この先、永く暮らすにふさわしい日常利便性も兼ね備えています。

東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結。

本マンションのB2Fエントランスホールから、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅へ直結するメトロアプローチがあります。例えば銀座の商業施設などへも、自宅の玄関から雨に濡れずに出かけることができます。

メトロアプローチ概念図 B2Fメトロエントランス

住宅ゾーンへのアプローチは地上・地下で計4カ所。利便性と安全性を高めます。

住戸へのアプローチは1階のメインエントランス、地下2階のエントランス、コーチエントランス、1階自転車用エレベーターの4カ所にある、
利便性の高い設計となっています。
住宅用のエントランスはすべてセキュリティを設け、部外者の無用な立ち入りを抑制しています。
そして11階にはフィットネスルームやゲストルーム等の住宅用共用施設が集約されています。
31階にはビューラウンジや、ゲストルーム。さらに、屋上には都心を見晴らすスカイテラスがあります。

屋上

  • Aスカイテラス

48・49F プレミアムフロア

  • B住戸

31F エグゼクティブフロア、住宅用共用施設フロア

  • B住戸
  • Cゲストルーム(ビュー・スウィート)
  • Dビューラウンジ

12~47F エグゼクティブフロア

  • B住戸

11F 住宅用共用施設フロア

  • Eコンシェルジュカウンター
  • Fフィットネスルーム
  • Gパーティールーム
  • Hゲストルーム(ジャパニーズ・スウィート)
  • Iヒーリングルーム
  • Jスタディールーム・スタディーコーナー
  • Kキッズルーム
  • Lエコライブラリー
  • Mメインラウンジ

3F~10F 豊島区新庁舎フロア

  • N区本庁舎

2F 商業施設・事務所フロア
1F 商業施設・豊島区新庁舎・エントランス(住宅用)フロア

  • Oメインエントランスホール(住宅用)
  • P店舗
  • N区本庁舎

B1F 地下駐輪場フロア

  • Q自転車置場(住宅用)

B2F 地下駐車場・バイク置き場&メトロアプローチフロア

  • R駐車場・バイク置場(住宅用)
  • Sコーチエントランス(住宅用)
  • T待合室
  • Uエントランスホール
  • Vエントランスホール(住宅用)
建物各階平面概念図

※ 建物各階平面概念図は各フロア位置を模式化して表現したもので、実際とは異なります。 ※ 各共用施設のご使用については、管理規約・細則に基づきます。 ※ 各共用施設のご使用については、一部有償のものがございます。 ※ サービスのご利用については、一部有償のものがございます。

都心を一望。

  • ブリリアタワー池袋・周辺パノラマビュー(日中)
  • ブリリアタワー池袋・周辺パノラマビュー(夕景)

豊島区の緑豊かな環境を、次世代へつなぐランドスケープ。

1階 住宅エントランスの様子

約8,300㎡の敷地に、並木がつくる緑と人のつながりを。

多様な樹種が育つグリーン大通りを中心として広がる緑のネットワーク。
その豊島区の優れた環境を次世代につなぎ、育むための場をつくるために、本マンションも外周部緑地が整備されており、緑のネットワークを
さらに豊かなものにすることに貢献しています。

敷地配置図

永きを見据えるランドスケープ・アーキテクトが風景美を創る。

中・低層部の区本庁舎には貴重な生態系を回復することを目標とした「豊島の森」・「豊島エコミューゼ」が整備されています。
「豊島エコミューゼ」は、屋上庭園である「豊島の森」の小川が1階まで各階の緑のテラスを伝って流れ、
川の上流から下流に至る自然の姿を眺めながら散歩できる空間です。
施設そのものが自然を取り入れた快適で健やかなライフスタイル実践の場となり、健康・環境などに軸足をおいた生活拠点として、
多様な自然とふれあえる憩いや学びの場となっています。

10階・豊島の森 東より 8階・エコミューゼ 東より
※ 豊島区の管理となります。

誰もが自然をもっと身近に感じられる環境づくり。

敷地の周囲には、ケヤキやモミジの高木を中心に多彩な樹木を
植樹しています。
咲き誇る花、ゆったりと伸びる樹々が落とす木漏れ日、赤や黄に染まる葉。
通勤や家路につく日常のふとした瞬間に四季の移り変わりを感じられ、
日ごとにさまざまな風景を見せてくれます。

地区広場 東側からの風景